8月に「谷村P.A.」に行って以来ロードに乗っていなかったこともあり、この日はロードで走ろうと決めていました。但し、午後から病院だの何だのって忙しい事もあるので、朝方から走りに行き午前中で帰ってこようと思い走り出します。
コースはこんな感じです。

Ride with GPSでの閲覧はこちら
DSCF1845
ご覧の通り、どんよりとした天気です。
朝6:20です。もう少し早く出発して距離を走りたかったんですけど、ちょっと支度に手間取ったので予定よりも20分くらい遅れてのスタートです。ここから天気が回復することを祈ってのスタートです♪
DSCF1847
K114で高麗川を越えて行きます。この橋を越えるとすぐに坂戸市に突入です!
ちなみに、路面が濡れていますね。泥除けを装着していないので、なるべく水があるところを避けて走ろうと思います。ま、そう言っていても帰ってきたらきっと背中に泥が跳ねまくっているんでしょうけど・・・w
DSCF1849
低い山の所にまで雲が出来ています。つまり、雲がかなり厚いって事ですね。
DSCF1852
どこを走っても路面が濡れています。早く路面が乾かないかなぁ~
DSCF1854
K41に入りました。見てください!路面が乾いてますよ!
それに、空が少し明るくなってきた気がします!!
DSCF1860
特に行き先を決めていた訳じゃないんですけど、何となく最近はときがわ方面に来ていなかった気がするので、ときがわ町を通過していきます。雲がものすごく低くて、思わずパシャッ!
DSCF1865
玉川温泉近くの八高線沿いの道路です。ちょうどJR八高線が来ました!
最近は、よくこの八高線に遭遇しますwww
八高線の沿線を走ることが多いんだなぁ~と実感しますね(^^♪
DSCF1870
雲がものすごく大量に発生していて、迫ってくるくらいの威圧感ですw
よーく目を凝らしてみると、中央に薄っすらと虹が掛かっていますね(^^♪
以前、何かのTVで見たんですけど、虹が薄っすらしているのは水の粒がものすごく小さくて光の反射がしづらい状況になると薄っすらしたり、もっと細かい霧状になると白い虹になることがあるそうです。
大粒の方がよりくっきりと七色になるって事なんですね。自然の神秘を感じます!
DSCF1871
K30を北上して「小川町」に入りますよ!
DSCF1874
K11の南側をK11と並行して走る小路を選んで走りました。こういう道路って昔懐かしい感じですよね。あれ?JAONが昭和な人だからそう思うんですかね?www
DSCF1875
「小川町」という名前の由来は知らないんですけど(Googleで調べたけど、イマイチ分かりませんでした)、「小川」という名前だけあって、こういった小川があちこちにありますね(^^♪
今はどうか分かりませんが、きっと昔はここで水遊びとか普通に出来ていたんだと思います。
(今もやってるのかなぁ? 生活用水も流れてそうだからさすがに遊ばない??)
DSCF1876
秩父方面は青空が見えますね。この辺も少し陽が射してきて暖かくなってきました!
DSCF1878
でも、目指している東秩父側はこんな感じでどす黒い雲です・・・(^^;
DSCF1881
横に流れているのは「槻川」です。みずがとってもきれいですよ!
DSCF1883
DSCF1890
そういえば、スタートしてから一度も休憩していませんでした。これから笠山に向かって行くので、ここでちょっと休憩です。槻川の支流ですね。
VIRB0297.MP4_000088721
こんな感じで写真を撮っていますw
DSCF1886
水がとても透き通っています。近くに住んでいたら夏場はずっとここで遊んでいるかもしれませんw
DSCF1891
さぁ、笠山を上って行きますよ!
DSCF1893
もの凄く大きな岩ですね。大自然の中を走っているぞ!って感じがたまらなく好きです♬
DSCF1894
雲が厚いですね・・・。あの中に入って行くんだよなぁ~って思うと、ちょっと躊躇しますねw
001
※Googleストリートビューより
ここから「ときがわ町」までの間の動画が撮れていませんでした。
左の道(直進)すると「館川ダム」方面です。今日はさらに勾配のきつい右の道から七重峠方面に向かって行きます。
002
※Googleストリートビューより
いきなり10%越えからの勾配でスタートします。これって、白石峠よりきつくない??
当日はいきなり雲の中に突入で、霧だらけでしたけど、実際にはこういう道をひたすら上って行きます。しかも路面は濡れているので、あまり力まず担々とペダルを回し続ける感じですね。
DSCF1899
途中の写真がありましたw
こうやってみると平坦みたいに見えると思いますけど、7%~10%くらいを行ったり来たりしながら上っていますよw
DSCF1900
進行方向左側ですw
雲の中って感じですねぇ~・・・
知らない道だったら不安なんだろうなぁ~って思いますw
DSCF1901
住吉神社を越えた辺りで、こういう光景が随所にありました。
ん?分からないですか?
実は、あちこちに「蜘蛛の巣」があって、それに霧による水滴が付着してきれいな模様になっていますw
蜘蛛の巣がこんなにたくさんあると、普段なら「気持ち悪っ・・・」って思っちゃいそうなんですけど、何となく幻想的?な感じできれいでしたよ!!www
003
写真を拡大してみましたけど、走りながら撮影したのでよく分からない写真ですねw
実際に走った時は、右も左もこんな感じで蜘蛛の巣アート?になっていてきれいでしたよ♪
ま、蜘蛛の巣の話にここまで盛り上がらなくても良いか・・・(^^;
DSCF1902
突き当りに来て左折しました。ここで、上りの半分くらいですかね。
DSCF1904
本当はここから「ときがわ」方面が見えるはずなんですけど、雲の中なので全く見えませんw
DSCF1905
もう少し気合入れて上って行きましょう!
正面にはガードレールが見えます。まだガードレールが上に見えますね。路面は濡れているし写真で見ている以上に前が見づらいし、景色は見えないのでそろそろ終わってほしいですw
DSCF1908
小さい滝が流れています。ずっと霧の中を走っているのでちょっと道路と木以外が見えると癒されますね(^^♪
DSCF1910
見てください。雲海でもなく完全に雲の中ですwww
ガードレールの先が見えないのはちょっと怖い反面、なかなか見れない景色なので不思議な世界ですね。
DSCF1913
DSCF1914
ここで道が分岐します。右の道を選ぶと「笠山峠」に行けるんですよ。ただ、笠山峠って看板が無いんですよね・・・。
なので、行ってもちょっと開けた場所があるだけなので、今日はスルーして左の道からときがわの方に向かって下って行きます!
DSCF1917
路面が濡れているのと、前が見づらいのが重なっているので、ヒャッハーしながら下ることはせず、安全運転で下って行きます。お陰でブレーキを多用するので握力が無くなってきますw
下ハンにしてブレーキしたりしながら握力が無くならないように工夫しています(^^♪
ちなみに、途中で「七重峠」も越えているはずなんですけど、七重峠もトレッキングコースの「休憩所」があるくらいで、とくに峠を示す看板などはありません・・・。残念・・・😢
DSCF1929
さすがに手が疲れてきました。あまり無理をしてブレーキがうまくできなくなると危ないので、ここでちょっと休憩です。「七重川砂防堰堤群」です。
DSCF1930
これでK172に合流します。まるで白石峠を制覇して下ってきた人みたいになりますw
DSCF1931
K172を東に向かって走って行きますよ!
DSCF1932
山の麓はガスってないし、路面も乾いてますね。
しかも山の中より気温が数度高いので、ムワッっとしますw
自分が想定していたより、少し早めに下ってくることができた(午前中しか時間が無い)ので、ちょっと寄り道していこうと思います。
DSCF1937
K172の「宿」の交差点を南下して、さいたま梨花カントリークラブから弓立山方面から帰っていこうと思います。
DSCF1941
「萩日吉神社」の横を上って行きます。
DSCF1943
いきなり14%とかなっています。七重峠よりもきつい勾配になっています。来るんじゃなかった・・・w
DSCF1944
もう少しでゴルフ場ですよ。でも、ここ思っている以上に勾配がきついです・・・。
DSCF1945
DSCF1946
さいたま梨花カントリークラブを抜けていきます!
DSCF1947
ゴルフ場の所が開けているので、ここで1枚パシャッ!
DSCF1952
今日は弓立山を上ったりはしないので、そのまま大附まで下ってきましたw
DSCF1965
更に少し下ると、「大附そば道場」の所にやってきます!
DSCF1966
この2枚前の写真は、この写真の白い蔵が見えると思いますけど、あの付近で撮影しています。
DSCF1967
そば道場の所から、激坂を下りますw
この道、構造がおかしいでしょ・・・。
DSCF1968
それを越えて、いよいよ帰路です。
DSCF1969
越辺川の横にある踏切です。越生駅のすぐ近くにあります。
DSCF1970
天気が良ければもっと気分良いんでしょうけど、道はきれいだし車が少ないので十分気持ち良いですね。
DSCF1973
その後は、細い道とかはごちゃごちゃ入り、迷子になりながら徐々に自宅に近づいていきます。
DSCF1979
ずっと木々に囲まれて走っていたので、この解放感がたまらないですね!
DSCF1980
東京国際大学のグランド裏です。夜だと道を外して落ちてしまいそう・・・街灯も無いし・・・。
そんな感じで、初めての道などを含めてボチボチの距離を走れました。
併せて午前中に帰ってこれて何よりでしたw
午前中に距離を走ろうと思うと、当然朝が早くなるのでちょっとしんどい部分はありますけど、午前中だけでも十分に満足できるライドができるなぁ~と感じました!