このBlogを書く当初、本編は3部構成にしようと思っていたんですけど、書きだすと「あれも書いておこう!これも書いておこう!」という気持ちになり、気づくと今回がPart⑤まで来てしまいましたwww

今までのお話は以下の通り


四合目までは、何とか全員が上がってきました。
IMG_3377
はせぴーが大沢駐車場手前で寝転んでいる時、トッシー達は四合目にいたようです。
180804_Mt.FUJI.mp4_017462711
さぁ、くりピカ、JAON組もスタートしますよ!
180804_Mt.FUJI.mp4_017663696
早速、「四合目」の看板が出てきました!
DSCF6170
残り高度255mですね。
180804_Mt.FUJI.mp4_017886051
「あれ?ここ下りかな?」「ここ、さすがに平坦じゃないですか?」と急にくりピカが言い出しました。えっ??? ふと、Garminさんを見てみたら、見事に5%www
くりピカの勾配センサーがついに壊れた???www
もしくは、ヒルクライムの世界に完全に足を踏み入れてしまったか・・・w
まぁ、でも、ここまで走ってきてこの勾配を平坦だと感じられるくらいの身体能力があるってことですよね。見事です(^^♪
180804_Mt.FUJI.mp4_017923805
この先、急激に勾配が変わっていますね。
180804_Mt.FUJI.mp4_017989538
ここが、コムトモの言っていた「四合目の先に少しきつい場所がある」って言っていた場所でしょうね、きっと。
いきなり8%とかなっています。
180804_Mt.FUJI.mp4_018220535
急に雨粒が大きくなってきました。
とはいえ、まだポツポツとしている感じなので、もう少し走ってみます。雷の音もし始めていますが、どちらかというと山の下側で聞こえているので。
但し、雨雲がひどい、または雷雲が近くにある場合は下山することを話し、行けるところまで行ってみることにしました。
IMG_3631
その頃、ひろりんは見事にゴールです!!
トッシーとマッスーは先行していたと思うので、先頭でゴールしていると思います。
IMG_3378
写真はトッシー。
IMG_3379
こちらはひろりん。
3人とも、登頂おめでとう!!
IMG_3617
マッスーたちは、ここで「富士山メロンパン」を購入したそうです。ふわっとして美味しいんですよね♪ 車で来た時に食べたことがあります!www
_180804_Mt.FUJI.mp4_018302934
雨がひどくなってきたので、一旦木陰に退避します。
とりあえず、くりピカの体温が下がっても困るので、ウィンドブレーカーを羽織ってもらいます。
少し蒸し暑い状態なんですけど、高地ということもあり、雨に当たると一気に体温が下がりそうなので、脇下の通気性が高いウィンドブレーカーを羽織ってもらいました。とりあえず直接濡れるよりはマシでしょう。
この頃、五合目も本降りだったようで、みんな下り始めていました。そういう意味だと、JAONとくりピカが一番中途半端な位置にいたのかもしれないですね。
はせぴー、コムトモ、フッキーはちょうど大沢駐車場をスタートしたあたりで、大沢まで戻っていたようですし。
_180804_Mt.FUJI.mp4_018828459
いやぁ、久々に本気で悩みましたね。上りは良いとして、この土砂降りで路面がぬれている中、くりピカに28kmの下りをやらせるの?とか。
下りはタクシーなら大丈夫か?とか。。。
くりピカ自身は、「ここまで来たら最後まで行きたい」という気持ちが強かったので(根性ありますね!嫌になる人もいたりするんですけどね・・・)、雷雲にだけ注意して行けるところまで行ってみることに決定しました。五合目であまりにもひどいようであればタクシーにしようという甘い考えもあったのでwww
180804_Mt.FUJI.mp4_018979076
もはや写真だとわからないと思いますけど、普通に雨です。
180804_Mt.FUJI.mp4_019093157
ここでまさかの9%。試練を与えるにもほどがあります・・・(^^;
180804_Mt.FUJI.mp4_019206554
今度は向かい風まで吹き付けます。さすがのくりピカも、この向かい風にはてこずっています。
180804_Mt.FUJI.mp4_019230494
路面が濡れていなければ、そのまま頑張って上ろうと思ったんですけど、無理にペダルを踏んでスリップしたら元も子もないので、とりあえず自転車を降りて雨か風のどちらかが弱くなるか、勾配が緩くなるまで手押ししていくことにしました。
180804_Mt.FUJI.mp4_019270100
「JAONさん、体温大丈夫ですか?」とこちらの心配をしてくれるくりピカ。
JAONは大丈夫!お腹にたっぷり油を巻き付けてあるから・・・www
180804_Mt.FUJI.mp4_019424922
雨がさらに強くなってきました。
マッスーたちが下山するって言っていたので、相当降っている模様です。
180804_Mt.FUJI.mp4_019492573
とは言いながらも、前方は晴れ間が見えるんですよね。なんとな止んでくれないかなぁ~。
180804_Mt.FUJI.mp4_019567197
雨が強い割には、少しずつ視界が良くなってきている気がします。
180804_Mt.FUJI.mp4_019614061
ひろりんたちが折り返してきました。
対向側の先頭がひろりん、続いてマッスー。
180804_Mt.FUJI.mp4_019641288
おぉ、ついに土砂降りになってきましたね。
マッスーが近づいてきてくれて、上の状況を教えてくれました。
とりあえず、マッスーには四合目付近にいたメンバーの状況も気になるので、先に下山しておいてもらうことにしました。
180804_Mt.FUJI.mp4_019727090
一応、くりピカのメンタルも気になるので、本人に確認。
 1.この土砂降りが続くと、下りも危ないのでここで折り返す!
 2.とにかく上る
・・・即答で「2.」だとwww 「じゃ、行きましょうか!」だってwww
良いメンタルですね (^^♪ JAONはロングライドなどで土砂降りとかも慣れているので良いですけど、まさかくりピカが即答してくるとは(^^♪
本人が行く気なんだから、もう気にすることも無いですね!
頑張って上り切ってしまいましょう!!
IMG_3362
その頃、四合目ではこんなに土砂降り。ひろりんとマッスーが通過した状況を見て、疲労困憊のはせぴーもここで断念することになりました。一緒にいたコムトモ、フッキーもはせぴーと一緒に下りに入ります。みんな気を付けてね!
180804_Mt.FUJI.mp4_019776907
トッシーが下ってきました。こういう豪雨だとカーボンホイールでの下りは神経を使いますね。
やっぱり、今ならDISCブレーキが有効ってことなんですかねぇ?
180804_Mt.FUJI.mp4_019796943
ここで、トッシーがUターンしてJAONの後ろにつきました。
くりピカの心意気を感じて、再度五合目まで一緒に上ってくれるというのです。
ありがたやぁ~(^^♪
180804_Mt.FUJI.mp4_019861474
先ほどよりは、若干雨が小降りになってきました。
180804_Mt.FUJI.mp4_019964928
対向車を見てください! 少し日差しが当たっていますよね!
これは、もしかして・・・。
180804_Mt.FUJI.mp4_020139185
トッシー、2回目の五合目チャレンジwww
左がトッシー、右がくりピカ。
180804_Mt.FUJI.mp4_020205818
土砂降り、最後の勾配、直線的な上り・・・。
楽しい要素が1つも無く、さすがに「しんどーい!」ってクリピカも叫んでましたwww
ただ、あくまで上るという意志だけは強く持っているので、とても頼もしい限りです(^^♪
180804_Mt.FUJI.mp4_020237634
「後ろが晴れているということは、晴れる可能性があるってことですよ・・・」
う~ん、素晴らしい発想です!!
ここまでくると、残り3kmを切っています! くりピカ、がんばれ~(^^♪
180804_Mt.FUJI.mp4_020411657
トッシー「ほら、平らじゃないかっ!」
くりピカ「やったぁぁぁぁ」
・・・ん? 平らじゃないよ・・・。上ってるよ・・・。
トッシーの事なので、モチベーションアップのための優しさなんだと思うので、あえてツッコミは入れずに聞き流します。
でもね、事実は「上り」ですwww
180804_Mt.FUJI.mp4_020427774
急にペースがあがってきました。ずっと嫌がっていた3%~5%の勾配を、ついに2桁スピードで走るようになってきました。25km以上も上ってきたその足で・・・www
180804_Mt.FUJI.mp4_020452582
こういうのは、気分の問題が一番なので、全員総意で「下り」って思う事にしましたwww
180804_Mt.FUJI.mp4_020493372
さぁ、このトンネルの先には駐車場が始まる予定です。そうしたら、もう少しで五合目に到着しますよ!
180804_Mt.FUJI.mp4_020563876
1%という勾配に変化しました!
・・・ってことは、この先に五合目があるはずです!
180804_Mt.FUJI.mp4_020706018
あのー、くりピカさん!?
普段の街乗りより、速度上がってますけど・・・www
180804_Mt.FUJI.mp4_020788134
この位置で、残り1kmくらいです。右に目を向けると、富士山の山頂が見えてきました!
ずっと山頂が見えない状況で上ってきたので、さすがにくりピカも驚いていました!!
180804_Mt.FUJI.mp4_020882344
最後の最後に勾配があがります。
さすがに足にきているのと、スリップが危ないので、ここは少し押していきますよ!
ちなみに、この時点で雨は小降りになってきました。
180804_Mt.FUJI.mp4_021269648
くりピカのゴールを祝うかのように、どんどん空が明るくなってきます!
180804_Mt.FUJI.mp4_021317529
いよいよレストハウスが見えてきましたよ!
DSCF6173
JAONは少し先行して、ゴールするくりピカを撮影www
DSCF6174
もうちょい!!
_180804_Mt.FUJI.mp4_021359237
トッシーもくりピカのゴールの瞬間に立ち会ってくれています!
DSCF6175
ごぉぉぉぉぉーーーーーーる!!
DSCF6183
つ、つ、ついに到着!!
DSCF6177
本当は、くりピカのソロの方が絵になるんだと思いますが、JAONも登頂した一人なので、一緒にパシャッ!
DSCF6179
4回目のロードバイクで富士山登頂!おめでとう!!
くりピカを迎えるために、山頂もくっきり写っています!
DSCF6180
後ろのバスばかりに目が行ってしまいますが、「富士山有料道路 終点」という標識の前で撮影しています!
_180804_Mt.FUJI.mp4_021644789
くりピカとJAONに付き合ってくれた、五合目が二度目(笑)のトッシー。
DSCF6189
すっかり雲が晴れ、山頂が見えます!
DSCF6184
くりピカの相棒もパシャッ!
DSCF6185
相方と一緒にパシャッ!
DSCF6186
一応、JAONも撮っておこうwww
DSCF6190
DSCF6191
17:11です。夕飯までそれほど時間が無いので、しっかりとした食事はやめて、くりピカとお土産を見にサクッと店内に入りました。
DSCF6197
何度撮ったって、同じ山なんですけど、なんとなく・・・w
IMG_3598
IMG_3599
あまり荷物になるようなお土産は後で買えば良いし、かといって何も無いのは寂しいので、記念メダルを購入して刻印しました!
DSCF6198
途中で何度もあきらめた方が良いかな?と考えましたけど(天候の関係で)、最後までポジティブだった、くりピカの気持ちが通じたのか、雲海が広がっていました!
DSCF6199
なかなかこういう景色は見れないでしょうし、ましてや自分の力で上ってきたという感動が、さらに達成感を後押しします!
_180804_Mt.FUJI.mp4_022365176
さぁ、メダルも買ったことだし、下りの準備(ライトの点灯など)をして、下りに入りますよ!
左がJAON、右がくりピカ。
下りは路面が濡れているのと、平坦が無いので十分気を付けて下っていきましょう!
180804_Mt.FUJI.mp4_022691402
さぁ、今度はダウンヒルの始まりです!
日差しはあるんですけど、体は濡れてるし、気温が17℃しかありません。かなり寒いダウンヒルになりますよ!
180804_Mt.FUJI.mp4_022724284
雲が下の方に見えます!
そりゃそうですよね。ここ、標高2,300mなんですから・・・。
180804_Mt.FUJI.mp4_022771048
伴走を付き合ってくれたトッシーですが、カーボンホイールなので、何度もブレーキをかけ続けるよりは、ある程度ノンブレーキの方が安全そうという事で、先行しました。
ま、トッシーの場合、先に降りておいてもらった方が、他のメンバーの状況把握もできるのでむしろありがたい。ここまで付き合ってくれてありがとー!
DSCF6200
駐車場の所で、視界が開けていました!
DSCF6201
雲があんな下に見えますよ!
DSCF6202
DSCF6205
ちょっと分かりづらいかもしれないですけど、きっと河口湖です。
これだけ晴れたのは、くりピカの頑張りが天に届いたんだと思いますけど、お約束なので「これ、俺のお陰な!」って言っておきましたwww
まぁ、間違いなく日頃の行いっていう意味ではくりピカのお陰ですが・・・(^^;
_180804_Mt.FUJI.mp4_022901795
それでは写真撮影も終わったので、今度こそ下りに専念しましょう!
180804_Mt.FUJI.mp4_022960988
まずは下りに慣れるために、20km/h前後でスタートします。ま、路面も濡れているしね。
くりピカには内緒で、徐々にスピードを上げていく算段です。
DSCF6206
おぉ、山頂の真下!って感じの構図ですよ!
DSCF6207
これで、路面が一気に乾いてくれると良いんですけどね。
DSCF6208
やっぱり、雲の上って普段見ない景色なので、気分が良いですねぇ~♬
180804_Mt.FUJI.mp4_023025002
バスが横を通ると、車体に熱を持っているので、若干暖かい空気が流れます。
それが、ファンヒーターみたいで、ちょっと嬉しい(^^♪
180804_Mt.FUJI.mp4_023366743
時間の経過とともに、徐々に気温も下がってきています。ついに16℃です。
四合目以降で、徐々にペースを上げていこうと思います。
180804_Mt.FUJI.mp4_023432475
「この辺はきつかったねぇ~」などと、振り返りながらのダウンヒルです。
180804_Mt.FUJI.mp4_023469362
少しペースを上げて、30km/h平均くらいで下っていきます。
DSCF6211
『実はコソ練でもしていたのでは?www』って考えてしまうくらい、普通にダウンヒルもついてくるくりピカ。
DSCF6213
下は相変わらず雲ですねぇ~。
でも、自分がものすごく高い位置にいることを感じさせてくれる雲です。
180804_Mt.FUJI.mp4_023753813
200mほど下ってきました。
その頃、、、
IMG_3368
ひろりんは、一足先に駐車場に到着していて、料金所にはマッスー、はせぴー、コムトモ、フッキー(実はフッキーの所在はJAONにはわからず)がおりました。
ここからの風景もきれいですね!あの山の五合目にさっきまでみんないたんですよ。
_IMG_3369
初のダウンヒル、お疲れ様!
前がはせぴー、後ろがコムトモ。
_IMG_3370
みんなの伴走お疲れ様。こちらはコムトモ。
180804_Mt.FUJI.mp4_023967193
さて、話を自分たちに戻しますと・・・。
もう少しで、大沢駐車場のところまで降りてきます。
180804_Mt.FUJI.mp4_024033743
大沢駐車場に到着しました。初めてのダウンヒルの場合、思っている以上に腕が痛くなったり、握力が無くなったりするので、一旦休憩を入れて体調を確認します。
併せて、初心者に教えるような話でもないかもしれないですが、下りの下ハンについてレクチャーしていました。前傾姿勢は多少怖いんですけど、ブレーキが掛けやすいですからねぇ~。
180804_Mt.FUJI.mp4_024261620
体調も握力も、まだ大丈夫そうなので、休憩もそこそこに再スタートです!
180804_Mt.FUJI.mp4_024290966
ここ、2,020m地点で、はせぴーが寝転んでいた現場ですねwww
前は少し視界が悪いかもしれないので、注意しながら下っていきましょう!
180804_Mt.FUJI.mp4_024393068
こそっと、巡行スピードを2km/hほど上げてみます。
気づいてるかもしれないので、ちょいちょい「このスピードで大丈夫?」を確認しながら進んでいきますよ。
180804_Mt.FUJI.mp4_024457850
毎回「大丈夫です!」という返事がくるので、もう少し上げてみます。
180804_Mt.FUJI.mp4_024527486
それにしても、初めてのダウンヒルでこの速度で平気でついてくる、くりピカってすごいですよね???
180804_Mt.FUJI.mp4_024566124
標高が100m変わるごとに1℃の温度差になるというのは本当ですね。17℃になっていました。
時間の経過があるのに、気温が上がっているので、高度の違いなんだなぁ~と感じることができます。
180804_Mt.FUJI.mp4_024732307
三合目を通過します!!
180804_Mt.FUJI.mp4_024813872
1,800mまできました。このペースを維持できているので、上出来すぎます!!
180804_Mt.FUJI.mp4_024830956
写真がちょっと見づらいかもしれないですけど、道路に縦縞が入っている道路がJAONは苦手です。
なんとなく、コーナーとかでこの溝を外すとタイヤを少し持っていかれるんですよね。
自分のタイミングでコーナリングができないので、実は嫌いだったりします。
180804_Mt.FUJI.mp4_024893869
さすがに、何も言わないだけで、くりピカも気づいていると思いますが、そろそろ40km/hに到達します。
180804_Mt.FUJI.mp4_024930872
空が赤らんできましたね。夕焼け空もちょっとカッコイイ(^^♪
ただ、早めに下らないといけないですね。
180804_Mt.FUJI.mp4_024961786
・・・とは言いつつも、怪我したら意味がないので、ここでちょいと休憩入れます!
180804_Mt.FUJI.mp4_024975951
おぉ、夕焼けがきれいになってきましたね!
DSCF6214
少し、ストレッチと手首をブラブラさせておきます。
くりピカには内緒ですが、ここから更に速度を上げていく予定ですwww
_180804_Mt.FUJI.mp4_025098907
さすがにグローブは濡れているし、気温は低いので、手がかじかんでいます。まさか真夏に手が冷たいなんてこと、想定もしてないですからね・・・(^^;
発電機みたいなものがあったので、その近くに寄ってみましたが、全然暖かくない・・・。
・・・ということで、さっさと下ることにしました。
DSCF6217
大分下ってきましたねぇ~。
180804_Mt.FUJI.mp4_025542733
標高1,600mまできました。
180804_Mt.FUJI.mp4_025565673
さぁ、ペースを更に上げていきますよ。
180804_Mt.FUJI.mp4_025703377
勾配表示はおかしくなっていますけど、1,500mまで下ってきました。
180804_Mt.FUJI.mp4_025890898
ついに一合目を通過しました!
料金所まではもう少し!!
180804_Mt.FUJI.mp4_025944935
1,400m地点です!!
180804_Mt.FUJI.mp4_026049773
暗くて、ちゃんと映りませんでしたが、このコーナーの左手に、カモシカがいました!
まるで、くりピカをお見送りしれているみたいでしたね(^^♪
上るときに、「猿かシカでも横切ってくれないかなぁ?」というJAONの願いも通じてくれたようです。
180804_Mt.FUJI.mp4_026093050
一合目下駐車場まできました。
くりピカに、「休む? そのまま行く?」と確認したところ、「大丈夫です!」と元気に返事が返ってきたので、そのまま下ることにします!
180804_Mt.FUJI.mp4_026145269
もはや、連れて行ってはいけない領域に突入しました。(詳細は割愛します)www
これも時短ですwww
180804_Mt.FUJI.mp4_026184141
スピードに慣れてくるっていうのも怖いですねwww
もはや、怖いともいわずにコーナーも普通についてこれるようになったくりピカ(^^♪
本当は「もうちょいいけるか?」とか企んでいたんですけど、大抵、こうやって調子に乗るとろくな結果にならないので、今日はこの辺でペースを温存することにします。
180804_Mt.FUJI.mp4_026294968
1,200m。あとちょっと!!
180804_Mt.FUJI.mp4_026322245
料金所が見えてきました!!
180804_Mt.FUJI.mp4_026346370
ついに、初心者4回目の登頂クリアしました!
_180804_Mt.FUJI.mp4_026356646
な、なんと、とっくに駐車場まで降りていると思っていたマッスーが、ここで待っていてくれました!
恐らく1時間近く、この場所に居てくれたんだと思います。
感謝しかありません♬
DSCF6220
あの後ろの中腹まで行ったんですからね!!!
180804_Mt.FUJI.mp4_026615288
さぁ、あとは駐車場まで怪我無く下っていきましょう!
180804_Mt.FUJI.mp4_026661284
ここを右折ですね。
180804_Mt.FUJI.mp4_026733289
ここを左折します。
180804_Mt.FUJI.mp4_026756563
スタート時、くりピカがとても嫌がっていた坂ですwww
今は、こんなに平坦に見えるから慣れって怖い・・・www
180804_Mt.FUJI.mp4_026826232
標高1,000mです!!
なんと、気温も20℃あります。
180804_Mt.FUJI.mp4_027010500
さぁ、もう少しで駐車場に到着しますよ!
180804_Mt.FUJI.mp4_027098438
なんだか、一般車がいるのが懐かしい感じですね。
180804_Mt.FUJI.mp4_027178100
駐車場に戻ってきました。
時刻は18:33です。きっとひろりんは、1時間以上もこの駐車場で待ってくれているんですね。
遅くなって申し訳ない・・・。
180804_Mt.FUJI.mp4_027393099
スパルタなJAONは、くりピカの輪行を自分でやらせますwww
180804_Mt.FUJI.mp4_028053075
さすがに、積み込みくらいはJAONがやりますけどねwww
朝出発してから、7時間57分という時間を自転車で過ごしました。
普段の仕事より、とても濃密な時間ですよねwww
この後、みんなと合流して、まずは夕食です。本当は温泉に入ってしまいたい所ですけど、ほうとう屋が閉まってしまうので、先に夕食にします。
DSCF6225
ピンボケしてますけど、「甲州ほうとう 小作 河口湖店」にやってきました。
DSCF6227
DSCF6228
DSCF6231
JAONはメニューを見るまでもなく、「豚肉ほうとう」一択です(^^♪
DSCF6237
注文時に、「あずきほうとう」が気になるという話になり、1つ注文してみることにしました。
DSCF6240
これをみんなでシェアします。
うん(^^♪ おいしい♬
まー、でも、所謂「おしるこ」ですね。一度食べれたので満足www
DSCF6239
そして本命の豚肉ほうとうです。
冷えた体に、この豚肉の脂とみそが体にしみこんでいきます♬
DSCF6232
途中から、はせぴーの荷物をずっと背負ってくれていたフッキー(右)
メンバー全体の把握をしながら最後までくりピカの到着を待っていてくれたマッスー(左)
あっ、マッスーのTシャツ「浮田輪業」のではないかっ!!
まだ持っていてくれたのね
DSCF6233
初富士山ヒルクライムで見事、五合目を制し、駐車場で長いこと待ってくれていたひろりん(左)
土砂降りの中、くりピカとJAONの登頂に付き合ってくれ、二度も五合目まで行ってくれたトッシー(右)
DSCF6234
何故か、みんなの荷物を持ってくれていて、且つ、はせぴーの伴走をずっとしてくれていたコムトモ。
DSCF6235
クロスバイクで根性を見せ、四合目まで走り切ったはせぴー。
DSCF6238
JAONのスパルタと、しつこく話しかけるトークにずっと付き合ってくれ、根性で五合目を制したくりピカ。(奥ははせぴー)
みんな、ほうとうが美味しい!と言いながらも、体は疲れ切っているので、思っているほど箸が進まない感じでしたね。本当にお疲れ様!
この後、温泉に行く事にしていたんですけど、ひろりんが明日早いという事があり、温泉には行かず帰ることになってしまいました。そもそもJAONが遅刻したせいでスタートが遅れたのが要因ですね、本当にごめんなさい。
そして、なんと、ひろりんの車に同乗してきたコムトモも一緒に帰ることに。。。
他のメンバーの車に移動させる事も検討したんですけど、結果、ひろりんと帰ることになってしまいました。
よって、ひろりんとコムトモとは、ここでお別れ。これに懲りず、また一緒に走りましょう!
(・・・って、会社に行けば毎日会えるんですけどね・・・www)
食後、残ったメンバーはJAONおすすめの「いずみの湯」に向かいました。
他の温泉も好きなんですけど、河口湖周辺の温泉はとにかく混雑してるんですよね。しかも外国人も多くて賑やかなんですよ。なので、疲れを取るならここ!
DSCF6242
DSCF6243
設備的には、昭和な感じが漂う落ち着いた雰囲気の施設です。
いずみの湯
「いずみの湯」ホームページより
偶然にも、ひろりんが割引券を持っていたので、それをもらい皆で割引入浴!!
IMG_3359
入浴後に、な、な、な、な、なーんと!!
くりピカがチョコレートをJAONに買ってくれました!!
今日のお礼だそうで・・・。
いやいや、こちらは楽しく走らせてもらったので、むしろお礼はこっちです(^^♪
でも、ありがと(^^♪
一応、お約束なので周囲に「食べたい?」って聞いてみました。ま、当然みんなは遠慮するわけですが・・・。なので、「あげないよ!」と抱え込んで、本気で一人で食べ始めましたwww
IMG_3374
今、チョコを加えて満面の笑みを浮かべるJAON。
マッスーが「今日一の笑顔だ!」と言って、周りが爆笑www
そりゃそうですよ♪
甘党のJAONが、女性からJAON個人にチョコレートのプレゼントをもらったんですから(^^♪

そうこうしていると、既に22:30を過ぎてしまっていました。
帰りにコンビニにより、みんなの荷物を整理して、ここからはそれぞれ解散して帰ることになりました。
みんな気を付けて帰ってね(^^♪

今日は、JAONの遅刻から始まり、待たせてしまう事ばかりで本当にすみません。
でも、みんなが同じ目的で、周囲を支えあいながらそれぞれの力を出し切ることができたので、本当に良かったと思います♬
そして、初登頂のひろりん、そして4回目のライドで日本一の山を制したくりピカ、クロスバイクにも関わらず、ロードの集団と一緒に全力で走ったはせぴー。
そして、それを支えてくれた、コムトモ、トッシー、マッスー、フッキー、本当にご苦労様でした!

次は3Peaksで会いましょう!!(うそですwww)