前回は、出発から集合までの事を書いたので、自転車のBlogなのに一切走っておりませぬ・・・www
いよいよここから過酷!?で素敵なヒルクライムについて書いていこうと思います。

 ・Part ②:スタート編(このBlog)
180804_Mt.FUJI.mp4_000000967
10:38。予定よりも1時間以上遅れてのスタートです。
前にいるのが、くりピカ。後ろがトッシーです! 北麓駐車場を出発して、まずはスバルラインの料金所を目指していきますよ!
標高が891mという場所なのに、いきなりの上りです。高山病にならないかちょいと心配ですが・・・。距離も長いのでじっくりと走っていきましょう!
WS000001
いやぁ、果てしないですねぇ~。JAONは勢いで誘ったくりピカの伴走をしようと思っていますが、自分自身が上れるかどうか不安 (^^;
180804_Mt.FUJI.mp4_000042258
まずは「東富士五湖道路」沿いから南下していきます。いきなり6%の勾配ですよ!
前から、フッキー、はせぴー、くりピカ。
180804_Mt.FUJI.mp4_000076025
くりピカは、サイクルジャージを新調しての参加!
黒のジャージが決まってます♬
180804_Mt.FUJI.mp4_000089372
みんな速いですねぇ~。体力持つんだろうか???
我々はのんびり行きましょう!www
180804_Mt.FUJI.mp4_000126442
標高905mです。トッシーが「スタート地点がすでに堂平より上なんですけど(^^♪」と。
た、確かに・・・。JAON達の住んでいる埼玉で有名な白石峠がある堂平山。その標高が876mなので、それよりもすでに高地になっています。
180804_Mt.FUJI.mp4_000215915
今日も暑くなりそう・・・。
Member
「富士の湧き水」付近で念のためコースを確認します。ここを右折してK716を目指すことにしました。
ひろりんやマッスーがコースを確認している間に、トッシーと連絡方法を調整していました。実際にはJAONのスマホの充電が途中で切れてしまったんで、誰とも会話できなかったんですけどね・・・。
180804_Mt.FUJI.mp4_000388204
ひろりんロケットスタート!!
とっても気合が入っています♪
180804_Mt.FUJI.mp4_000507773
先頭がひろりん、続いてコムトモ。コムトモは先日の「Mt.富士ヒルクライム」に参加しちゃうような人なので、きっとJAONはついていけませんwww
DSCF6051
フッキーは軽快にペダルを回しています。Zwiftでのトレーニング効果に期待です!
DSCF6052
クロスで参加のはせぴーです。あれ? サドルが異様に低いかも・・・。
DSCF6053
くりピカ、続いてトッシー、しんがりはマッスーです。
180804_Mt.FUJI.mp4_000604804
木々の間を走るのは気持ち良いんですけど、ずっと上りなので既に汗だくです (^^;
180804_Mt.FUJI.mp4_000610559
はせぴー頑張れ! フッキーは軽々上っていますね。
180804_Mt.FUJI.mp4_000914747
先頭集団はもう見えません! ま、初心者の場合、いっそ見えてくれない方が良いかもしれないですねw
中途半端に後ろ姿が見えてしまうと「追いつかなくちゃ!」とか「遅れたら申し訳ない」とか考えてしまうと思うので、見えない方が走りに集中できるかもしれません。
180804_Mt.FUJI.mp4_000942191
さっきまで、はせぴーに乗り方のコツ的な話をしていたので、後続に置いてきたくりピカの所に戻ってきましたwww
トッシーとマッスーが伴走してくれています。さすが、頼りになります♪
写真の先頭はトッシー、くりピカ、しんがりがマッスー。
180804_Mt.FUJI.mp4_000951583
そして再度Uターン!
これでJAONがしんがりですww
180804_Mt.FUJI.mp4_001007239
標高1,000mに達しました。スタートから19分で109mの高度上昇です。
180804_Mt.FUJI.mp4_001030479
ここでマッスーとトッシーが、はせぴーと先頭の様子を見に行ってくれました。先頭がマッスー、後ろがトッシー。
ちなみに、トッシーは最近BROMPTONを購入して、朝早くから乗っていたりするんですよね。ギアが重いのに地元界隈の山を上ったりしているので「ブロ練(BROMPTONで早朝に乗っていること)してるの、良いですよ!」行ってサクッと前に出ていきました。
・・・って、練習しなくてもいつも速いでしょ、あなたwww
180804_Mt.FUJI.mp4_001162544
あれ? はせぴーがいます。どうやらサドルの高さを調整しているようです。
写真左から、はせぴー、マッスー、トッシー。180804_Mt.FUJI.mp4_001173338
ここで、くりピカのペースが急激にあがります。この長い坂道がだんだん嫌になってきた証拠ですね。JAONが初心者の時に何度も経験したことがある状況です。
なので、「ペース上げない!」と連呼して、JAON教官、愛のムチが飛びます!
180804_Mt.FUJI.mp4_001263395
K716に到着しました。ここを右折するんですけど、ずっと上りが続いていたので、奥の木陰でいったん休憩を入れます。
180804_Mt.FUJI.mp4_001279294
右折した景色です。まだ上りがありますねぇ~。
ここで、くりピカに異変が・・・。
無理をして上ってきたせいか、急に気持ち悪くなってしまいました。
先頭が待ってくれちゃってるかもしれないので、トッシーが「ちょっと先に行きますね」と言って、マッスーとトッシーで伝令係をやってくれることになりました。ありがとよ・・・m(_ _)m
少し長めに休みを取ろうと思います。5分くらい経っても体調が戻ってこないので、下山することも視野に入れながら小休止。気温が35度もあり、急激なヒルクライムだったので、熱中症みたいになったのかも・・・と思い、「ウィダーイン塩分+」をなめてもらいました。
180804_Mt.FUJI.mp4_001503602
しばらくすると、くりピカが申し訳なさそうに「もしアレだったら先に行ってください」と言い出しました。いやいや、こんな山中に一人置いてくわけないでしょ(^^♪
こういう状況は、経験者のミスなので、心配せずしっかり休憩しましょう!
まったく、気の利く子だよ・・・ (;;
180804_Mt.FUJI.mp4_001742907
いきなりは回復しないと思うので、少し歩きながら・・・ということにし、K716を歩きながら体調を整えることに。
180804_Mt.FUJI.mp4_001953534
先ほどの交差点とK707の「胎内洞窟入口」交差点の中間地点くらいまで歩いてくることができました。無理に体力を使うと危険なので、再度ここで小休止を挟みます。
ふと、「あっ、高地で急激にヒルクライムをやっているので、無酸素運動みたいになってるのか・・・。高山病の一種かも・・・」と思い、リュックから「食べる酸素」を取り出しました。気分が悪いのに食べ物を口にするのは辛いと思うんですけど、我慢して食べてもらいました。
しかも、それほど美味しくないんですよね・・・。
スタート前にみんなで摂取しようと思って購入しておいたのに、遅刻して焦って忘れてしまってました。配慮が足りずごめんよ・・・。
食べる酸素
食べると、少しシュワシュワした感じがするんですよね。実際に酸素を食べるわけじゃなく、ミネラルを摂取するイメージなんですけど、割と効果がある気がするんですよね。以前、富士山スカイラインを走った時も、心拍が180くらいまで行く状態が続いたのに、高山病になることも無かったので。ま、信じる者は救われる!ってことです。
180804_Mt.FUJI.mp4_002230578
前に行ったトッシーが心配して戻ってきてくれました。さすがぁぁぁぁ!
状況を伝えると、先頭集団に連絡を取ってくれました。やっぱり頼りになります(^^♪
180804_Mt.FUJI.mp4_002250064
心なしか元気が戻りつつある(やせ我慢かも・・・)ので、とりあえず水道、トイレがある料金所までゆっくり進むことにしました。
180804_Mt.FUJI.mp4_002258906
フッキーとコムトモも「胎内洞窟入口」の交差点で待っていてくれました。ありがとう♪
IMG_3361
「ここからがスタートです!」と教えてくれたコムトモ。
・・・って、えぇぇぇぇぇーーーーっ!
今までのでも十分ヒルクライムだよぉぉぉぉ・・・w
DSCF6055
写真がピンボケしちゃってますが、ここからヒルクライムが本格的にスタートします。さっきまでも十分ちゃんとした!?ヒルクライムですけどね・・・(^^;
24kmもあるなんて、果てしない・・・。
IMG_3385
くりピカとJAONが、料金所に到着した頃、フッキーやコムトモ達は、料金所をくぐった所で待っていてくれたようです。この時点で11:23。写真を撮影しているのがマッスーなので、全体で何人がここにいたのか、当時のJAONは知る由もないですが・・・。
みんな、ちゃんと後ろを気にしてくれていてありがたい・・・。
180804_Mt.FUJI.mp4_002362827
そんなこんなで、料金所までやってきました。少しずつではありますけど、くりピカの血色も戻ってきたような感じなので、この先のコースイメージを伝えながら、出発の準備をします。
この時期はマイカー規制中なので、一般車の往来がありません。通常よりも車の台数が少ないはずなので走りやすいと思います。
DSCF6056
料金所のゲート後ろに富士山の山頂があるはずなんですけど、今は雲に覆われて見えないですね。
DSCF6058
少し体調が戻ったくりピカ。良かった~・・・ (;;
JAONは、完全に過保護で心配性のお父さん状態ですwww
DSCF6060
車が来ないのを良いことに、料金所でカメラを向けるJAON。
180804_Mt.FUJI.mp4_002459440
マイカー規制中も自転車は入ることができます。「軽車両」の扱いになるので、200円/台 を支払うことになりますよ!
IMG_3601
料金を支払うと、通行券が発行されます。
これ、一応「往復分」なんですね。どーでも良い話ですけど、五合目まで自転車で行って、帰りはタクシーやバス利用ってことを先に申請、つまり「片道」て言ったら100円なんだろうか???www
・・・ま、そんなくだらない考えはさておき、ゲートをくぐって上り始めますよ!
180804_Mt.FUJI.mp4_002566480
それじゃ、スタートです!!
ここで、ギアの使い方を話していました。実際に定石や常識っていうのは無いと思うので、あくまでJAON流・・・というか、トッシーの受け売りというか・・・www
JAONの場合、この手のヒルクライムを行う時は、勾配にあったギアを選択はするんですけど、極力最後の1枚(今回の装備でいうと32T)は利用しないようにしています。本当につらい時に32Tを発動できると、気持ちに余裕が生まれるから・・・という理由です♪
一応、くりピカにも説明しました。実際には好みなんですけどね・・・。
先ほどまで調子が悪かった&今だって本調子なわけではない&実はロードバイクに乗るのが4回目というスーパールーキーなので、今回は最初から1番軽いギアで上ることにしました。
無駄に体力を削るより、その方が賢明ですね!
そして、ペースは「自分で鼻歌を歌えるくらいのペース」という事だけ伝えて上り始めます。
問題は、JAON自身が鼻歌を歌える余裕があるのか???って事ですwww
そしてそして、体が平坦の時と同じフォームの為、若干後ろ荷重になっていたので、1cmほどサドルの前に体を出してもらい、少し姿勢を起こしました。これで酸素がより多く吸えることでしょう。
180804_Mt.FUJI.mp4_002661358
1,100m地点までやってきました。
しかし良い天気ですね。この場所で34℃(写真右上に表示)もあるって事は、JAONの地元は何度あるんだろう???って思っちゃいますね。
そしてこの時、「ヒルクライム」について話をしていたら、「すごいなぁ~、いや、なんか山・上りが好きな人って本当に【変態】だなぁ~って思いました♪」と最上級の褒め言葉をもらいました。
あっ、嫌みで書いてるわけじゃないんですよ!事実です。以下を見てもらうとわかると思います。WS000001
※Google検索より
ほらね!事実検索をしても褒め言葉としてとらえるサイトばかりwww
なので、「ありがとう!褒めてくれて!」とローディーの代表でお礼をしておきました!
ヒルクライム大好きっ子は、いつかくりピカに遭遇したらきちんとお礼をしておいてください(^^♪
180804_Mt.FUJI.mp4_002760858
突然、後ろからきたバスが幅寄せしてきました!
対向車もいないのにですよ・・・。
180804_Mt.FUJI.mp4_002762559
抜いた途端に、何事もなかったかのように走り去るバス!
いったいどこのバス会社だっ!!(怒)
事故にでもなったら、運転手自身も大変な思いをするだろうに、どうしてこういうことするんですかね??
180804_Mt.FUJI.mp4_003252132
気温がどんどん上がってきますね。すでに36℃になってきました。
関係ないですけど、「今日の写真は、ほとんどが死んだような顔で・・・」ってコメントをもらったので、「大丈夫、大丈夫、モザイク掛けるから・・・w」という会話をしながら上っていました。
スタートから6km以上も会話しながら上れているので、大した初心者です!!
ちなみに、6kmという距離とこの勾配を見ると、おおよそ「定峰峠」と同じか、少しこちらの方がきつい勾配を上っているようなイメージです。JAONが初めて定峰峠に行ったときは、途中で話もできないくらいに辛かったのに・・・(^^;
DSCF6063
ちなみに、これがくりピカの「死にそうな顔」ですwww
あっ、分かりませんか??www
じゃあ、分からないくらいの表情だってことですね♪
180804_Mt.FUJI.mp4_003630426
今は、「マイカー規制」中なので、基本的にはバスとタクシーしか通りません。写真のように下りでバスが来ると、通過した数秒後に向かい風がきます。普段であれば向かい風は非常に嫌なんですけど、この風が扇風機のように風を当ててくれるので(車もスピードが出ていないからなんでしょうけど)、とても涼しくて快適な感じがします。ロードに乗っていて向かい風が嬉しいなんて、不思議な感覚ですね!
180804_Mt.FUJI.mp4_003688468
1,200mに到達しました!
180804_Mt.FUJI.mp4_003784130
この辺りは、ずっと日陰がなくて、二人で日陰を探していました。
目の前に雲の影が見えるので、それを追い続けるんですけど、近づくと逃げちゃうんですよね。。。
逃げないでくれぇぇぇ!!
180804_Mt.FUJI.mp4_003961724
あっという間にヒルクライムに慣れてきたのか、4~5%くらいの勾配になると、急激にペースがあがってくるくりピカ(^^♪
きっと、無自覚なんだろうなぁ~・・・。
ものすごい成長スピードです。
180804_Mt.FUJI.mp4_004325921
「一合目下駐車場」までやってきました!
最初、具合が悪かった状況もあり、ここまで来るのも難しいか?と思っていましたけど、若さなのか、気合なのか、割と難なく到着しましたよ!
180804_Mt.FUJI.mp4_004351497
あれ? みんなが待ってくれていました!!(;;)
みんな優しい(^^♪ ありがとう!!
180804_Mt.FUJI.mp4_004355117
ひろりん(左)とマッスー(右)がゲートを作ってくりピカをお出迎え!!
なのに、JAONが最初に通過するという・・・www
180804_Mt.FUJI.mp4_004356819
みなさん、お待たせしました!
くりピカを連れて、無事にチームに合流しました!!(小野田坂道風・・・)
チームに合流しました
こんな感じ!?www
DSCF6065
到着すると、コムトモがくりピカに体を冷やす&塩分補給のために、アクエリを出してくれました。ものすごく準備が良いです♪
お気遣いあーざーっす!!
左から、マッスー、くりピカ、ひろりん、はせぴー、そして補給を提供してくれたコムトモ。
DSCF6066
左がトッシー、右がマッスー。
DSCF6068
8kmのヒルクライムが完了した、くりピカ。
DSCF6069
左から、トッシー、ひろりん、フッキー、コムトモ、マッスー。
DSCF6070
左から、ひろりん、フッキー、コムトモ、マッスー、はせぴー、足だけのクリピカw
DSCF6071
おぉ、絵になるねぇ~!
なかなか道路の中央で写真を撮るなんて事ないだろうから・・・。
DSCF6072
あちこちで写真を撮りまくるJAONに、周囲のみんなから「どれだけ親ばかなんだ!」と言われましたwww
「お兄ちゃんだろ!」と反論できない自分が悲しいwww

あっ、気づくとものすごく長いBlogになってしまっていますね。
本当はこの本編で5合目まで書くつもりだったんですけど、まだまだ写真もたくさんあるので、さらに分割して書こうと思いますwww

・・・ってことで、続きはPart ③で!!