既に、十分に長いブログになってしまいましたけど、何とか今回を最終章にしようと思いますw
(嘘つきになったらごめんなさい orz)
フッキーと別行動となって、三峰茶屋まで到着しました。そこで、フッキーがマルメロの駅に無事に到着したという連絡が入ったところまでが前回のお話。

Part① マルメロの駅~武石観光センター編
Part② 武石観光センター~美ヶ原高原美術館編
Part③ 美ヶ原高原美術館~三峰大展望台編

今回は、三峰茶屋からゴールまでを書き上げようと思いますw
001
ようやく全行程の50%を超えたあたりにいますから、残り45kmくらいですね。
まだまだ上りがあったりするので頑張らねば・・・。
002
本当は、時間の都合(あまり遅くなると暗くなるし、フッキーを余りにも待たせてしまうと感じ、和田峠(R142)から折り返すつもりだったんですよ・・・。
でもね、「途中で折り返そう!」と思っていただけで、「和田峠から折り返す」とは考えていなかったんですよ。
つまり、「和田峠」がターニングポイントだと考えずに走ってしまっていたので、結局、折り返し地点を見失い、気づけば最後まで走ってしまうという・・・(苦笑
ま、さすがJAONです!って感じですw
MP4_000007559
とりあえず、三峰茶屋を出発します。
雲が頭のすぐ上にあるような錯覚に陥る光景です! とにかくテンションがあがります!!
・・・って言っても、足が結構パツパツなのでダッシュで走れるような感じじゃないんですけどね・・・w
MP4_000016989
トッシーと二人で、「ツールドフランスっぽよなぁ~」なんて話しながら、ひたすらペダルを回します!
MP4_000048025
左側の写真を撮っておけばよかった・・・(涙
ここも十分に絶景ですよ♪
MP4_000164081
写真を見ると登っているように見えるかもしれないですけど、ここは下りです!
トッシーのテンションがあがり、一気にJAONをちぎって行きましたw
JAONは、ステムを1cmほど短くして今回のコースを走っているんですけど、腕のポジションが慣れないのか、思ったようにハンドル操作ができず、いつもより若干ペースダウンで下っています。。。
や、やばい・・・。トッシーにドンドン離されていきます・・・。
MP4_000169140
ほらぁ~、もはやトッシーの姿は見えません・・・w
MP4_000195335
いやぁ、それにしても紅葉がきれいですね🎶
問題はですよ・・・。陽がどんどん沈んできてしまっているという事です!
ペースを上げたいのはやまやまなんですが、これがどうして、Up/Downが多いんですよ・・・とほほ。。。
MP4_000265214
それにしても、車の往来は多少あるものの、走りやすい道路ですよ!
MP4_000336189
和田峠のところまでやってきました。
先ほど書いた、最後のエスケープゾーンがここのはずだったんですよ。
でもね、JAONはなぜか、この先にもエスケープできる場所があるって勘違いをしていて、陽がまだあるし、帰りは下り基調になるのだけは覚えていたので「大丈夫だろう」って思っちゃっていたんですよ・・・w
なので、トッシーと特に迂回について会話することもなく、ひたすら白樺湖方面に走っていくことになりましたw
MP4_000346456
今回のコースはJAONが作成していたこともあり、トッシーはこの分岐で待っていてくれました。
でも、JAONが特に何も発さないので、そのまままっすぐ走っていきますw
MP4_000368490
ここからは、またもや上りが始まりますw
MP4_000380672
今日は、二人ともテンションが高いせいか、足が疲れただの、かったるいだのという言葉を発することもなく淡々とペダルを回していますw
もはや、美ヶ原の奇跡です!!(爆笑
MP4_000010643
ようやく下諏訪町までやってきましたよ!!
DSCF2638
進行方向左手に鷲ヶ峰があります。その右手がこの風景です。
よ~く目を凝らして見ると、写真中央に諏訪湖が見えています!
すげ~っ!! ついにこんなところまで自転車で走ってきたんですね!!
DSCF2639
せっかくなので、もう1枚パシャッ♪
DSCF2641
う~ん、光が差し込んできれいですね。でも、だいぶ陽が落ちてきました・・・。
感動と焦りが同時にJAONの脳裏を横切りますw
003
※Googleストリートビューより
八島ケ原高層湿原です。本当はここでトッシーと写真を撮ろうと思っていたんですけど、下りでスピードが出ていたこともあったので、もう少し先で写真を撮ろうって事になりました。
・・・が、先の景色は大したことがなくて・・・w
なので、写真がありませぬ・・・。
そして、そして・・・。
ついに、霧ヶ峰まで到着しました。
DSC_0064
霧の駅に到着です!
このとき、すでに17:00を過ぎてしまっていた為、ファストフードは閉店しちゃっていました。
その為、温かいコーヒーを自販機で購入し、一服したらすぐにスタートします!
DSC_0065
DSCF2642
これ、霧の駅のベンチからみた車山高原方面の景色です。
DSCF2643
DSC_0066
写真右下には、富士山が見えます!
写真だとちょっと分かりづらいんですけど、見たときはちょっと感動ものでしたね!
ちなみに、ここまで到着した時に、ようやく全ルートを制覇する走りをしている(エスケープできないところまで来てしまっている)事に気づいたJAON。
それをトッシーに伝えると、「そうなんですか?(笑)」と。。。w
ま、全行程を走れるのは素晴らしいことなので、頑張って走っていきます。
ちなみに、ここから一気に陽が暮れていったため、もうライトなしでは走れない状態にあります・・・(苦笑
004
※Googleストリートビューより
霧の駅をスタートして、いきなりの上りです。
これがまた結構な距離があるんですよ。斜度は7%くらいだったと思います。
005
※Googleストリートビューより
コーナーを抜けても上りが見えてきます・・・とほほ。。。
006
※Googleストリートビューより
そしてそして、まだまだ登ります!!
007
※Googleストリートビューより
正面の山のほうまで登っている感じですね・・・。
008
※Googleストリートビューより
う~ん、終わりが見えない・・・w
010
※Googleストリートビューより
ものすごく遠回りさせられています。
中央上の場所からようやく下りになる感じですね。さすがに足が重いです・・・w
011
※Googleストリートビューより
ようやく頂上と思われる場所までやってきました。
ここ、標高1,800mもあるんですよ。霧の駅が1,674mなので、距離にして2.5kmくらいで130m近くも上ったことになります・・・。平均斜度で5.2%。ヒルクライムの後半としては、ちょっときついですね。。。
図1
写真で見ると、まだまだ明るい感じがしますけど、→の下にある小さな光が車のヘッドライトです。
写真の右側(実際には、道が見えてない)の方からずっと登ってきたんですよ。
実際には、前が見にくい状態なので、ここでトッシーがライトをつけました!!
012
※Googleストリートビューより
さぁ、ここからは下りです。陽が高ければこんな絶景の中を走れたんですね。
JAONとトッシーが通るときは既に真っ暗なので、景色なんてものは見えず、ただただ、足元に注意しながら下っていた「恐怖」しか覚えていませんが・・・w
013
※Googleストリートビューより
いやぁ、次回はぜひとも日中にここを通りたいですね・・・。
014
※Googleストリートビューより
そうこうしているうちに、白樺湖のところまで下ってきました。
400m近くも下ったことになるんですよ。真っ暗な道路での下りは本当に怖いですね・・・。
015
※Googleストリートビューより
R152にぶつかりました。大門峠ですね。
本当は直進してK40経由でマルメロの駅に戻る予定にしていたんですけど、もはや真っ暗で何も見えない状態なので、R152で下っていくことにしました。その方が距離が短いので・・・w
016
※Googleストリートビューより
左から入り右へ抜けていきます。ヘアピンカーブなんですけど、街灯もなければ車の往来も無いので、真っ暗です・・・。
017
※Googleストリートビューより
ひたすら下りなので、ほぼペダルをこがなくても良いですね。
それは嬉しいんですけど、国道なのにほぼ街灯が無いんですよ。しかも対向車が来ると街灯とかでライトの乱反射を相殺してくれないから、道路も見えなくなります。
対向車が過ぎた直後は、目の前が真っ暗になるので怖くて仕方ありません。
そして、途中まで下ってきたところで、トッシーが「ライトのバッテリーが持たないかも・・・」なんて恐ろしい発言まで飛び出す始末・・・w
二人でドキドキのダウンヒルをやりました。。。
唯一救いだったのは、路面が乾いていた事くらいですね。濡れていたらもう悲劇だったかも・・・。
そんなこんなで、何とかマルメロの駅に到着しました。
フッキーは既に入浴を済ませていて、さっぱりした表情でした。
その後は、荷物を片付けて温泉へ直行!
DSC_0068
長門温泉 やすらぎの湯です!

■■長門温泉やすらぎの湯■■
 〒386-0603
 長野県小県郡長和町古町2436番地の1
 TEL 0268-68-2601
 FAX 0268-41-2068

 § 営業時間 午前10時から午後10時まで
         (午後9時30分迄に入館)
 § 泉質 ナトリウム硫酸塩温泉(弱アルカリ性低張性温泉)

img0cf5379afde9d18227873
※写真はホームページよりお借りしました。
入浴すると、ほんの少しヌルっとした感触があります。塩化物泉のお湯につかっている感じですね。
結構気持ち良いですよ。JAONは塩化物泉か塩化物強泉、硫黄泉が好きだったりするので、若干ヌルッと感に欠ける気もしますが、疲れた体を癒してくれる温泉としては十分に良い泉質だと思います!

温泉から出た後は、食事をどうするか(どこで食べるか)悩んだのですが、あちこち動き回るのも面倒だし、疲れちゃったので、温泉施設内の食堂で夕食を取ることにしました!
DSC_0069
JAONは天丼です!
味噌汁にキャベツが入っているのはたまにありますけど、千切りで入ってます。。。
サラダに使うやつをそのまま入れてるんでしょうか・・・。これも効率化??w
DSC_0072
初参加にして、美ヶ原を制覇したフッキー!
DSC_0073
暗闇のダウンヒルを共にしたトッシー。
いやぁ、それにしても、フッキーのパワーには驚かされましたね。
でもね、最初のエスケープゾーンで迂回した本人の判断は良かったと思います。
霧ヶ峰以降の暗闇ダウンヒルを初ダウンヒルで経験するのは、ちょっと危ない気もしますから・・・。

JAONとトッシーは、少しやり残しがありますね。
それは、、、

 ・ビーナスラインを制覇できなかったこと(最後はR152を下っちゃいましたから・・・)
 ・明るい時間の霧ヶ峰~車山を走れなかった事

・・・ってことで、来年、今度は諏訪か茅野あたりから登っていき、戻ってくるルートでも計画しようと思います。
その時には、フッキーがJAON以上のヒルクライマーになっていることでしょうから・・・w

今回のルートは、、、

  1. マルメロの駅
  2. 武石口
  3. 武石観光センター
  4. 美ヶ原高原美術館
  5. 落合大橋(ここでフッキーと別行動)
  6. 扉峠
  7. 三峰大展望台(三峰茶屋)
  8. 和田峠
  9. 八島ケ原高層湿原
  10. 霧の駅
  11. 霧ヶ峰高原
  12. 車山高原
  13. 大門峠(白樺湖)
  14. マルメロの駅

という流れでした。いやぁ、次回は絶対に夏に来ようと思います。その方が、時間をたっぷり使えますからね!

それにしても、、、

トッシー、車の運転お疲れさまでした。
フッキー、JAONの無茶なお誘いに乗って参加してくれてありがとうございました。

JAONは年内の終日遠征はこれで終了になるので、春までは地元近辺の山々と戯れることにしますw
グリーンラインって、何月まで走れるんだろう・・???

~完~