う~ん、整理すればするほどGPXファイルが出てきますw
いかに日々の整理がずさんなのかが顕著になってきました・・・。
以前、「あと10個くらい」って宣言したのに、まだまだ出てきますw

今日の話は、すでに1年くらい前の話です orz

ロードを買ってから5ヶ月弱くらいの事ですが、そろそろ色々なパーツの知識が増えて来たり、購入時のデザインに物足りなさを感じ始めていた頃ですね。
お尻が痛いのは相変わらずだし(当時は30km位で痛くなっていました)、全体がモノクロの自転車だったので何となく味気なさを感じていたり。。。
JAONはY'sロード新宿本館でCAADを購入したんですが、当時、何となくですけどCannondaleの商品が多く扱われていたのが(今もそうかも・・・)Y'sロード池袋店だったので、そこで小物をチョコチョコと買いそろえに行きました。
JAONの好きな色は黒と青なのですが、Cannondaleというと緑(というより黄緑)が多かったので、どうせなら!と思い、バーテープとアウターワイヤーを交換する事にしました。ついでに購入当初のサドルは痛かったので買い替えをすることにしました!
トッシーとやっちゃんはフィジークのArioneを使っていて「結構良いですよ!」って言ってました。それならば、その1ランク上を購入すれば尚快適!と安易に考えたJAONはArione R3を購入!w
(JAONの座り方やセッティングがいけないのかもしれないですが、CAAD購入時の標準のサドルよりは良いですが、50kmを超えると徐々に痛くなるので、普通のArioneにすれば良かったかも・・・w)
どうせなら、自分であれこれメンテできるようになりたかったので、サドルからアウターから一新してみました!
そうなると、乗らずにはいられないので、このライドを決行したんですよw

前置きが長くなりましたが、コースはこんな感じです!

Ride with GPSで閲覧の場合はこちら
自転車大好きマップで閲覧の場合はこちら

まずはお約束のカインズホーム鶴ヶ島店の前を通り、圏央道に向かいます!
WS000000
※Googleストリートビューより
圏央道もいつも通り、快適に走って行く感じですね!w
WS000001
※Googleストリートビューより
「常満寺(ぽっくり寺)」の看板が見える辺りで、一旦行き止まりになるため、左折して迂回しながらK15に到着します!
WS000003
※Googleストリートビューより
K15からまたすぐに圏央道の下を走れるので、そこを走るのですが、ここだけ数十メートルの坂になります。
小さい坂ですけど、つづら風!?になっているので、プチヒルクライムの気分を味わいますw
(あっ、ヒルクライムの練習するような坂じゃないですよ!くれぐれも・・・本当に数十メートルなので・・・)
WS000004
※Googleストリートビューより
下大谷沢までくると、一旦行き止まりみたいになります。Googleマップの写真で見ると何となくまっすぐも行けそうあ気がするんですけど、大した遠回りにならないので、余計な冒険はしません!w
WS000005
※Googleストリートビューより
一時停止を右折して圏央道のガードをくぐり、五十嵐冷蔵さんの所をすぐに左折すると、圏央道の下を並走できる感じになります。
R407を横断し、行けるところまではひたすら圏央道沿いを走る感じですね。
WS000006
※Googleストリートビューより
圏央道の狭山P.A.も越えて行くと、R299と交差します。左手にスリーエフがあったので、ここで一旦休憩です!
バーテープを交換して気分が良いからなのか、Arione R3の調子が良いのか分かりませんが、ここまではお尻も順調です!
ただ、RDのシフトが若干悪く、ガチャガチャ言っています。。。
このコンビニで、RDの調整を行いました。それにしてもディレイラーの調整って難しいですね。今はそこそこ慣れてきましたけど、RDの交換をしたときの初期調整が本当に難しいです。ワイヤーを張ったり、ドライバーでプーリーの位置をスプロケの真下だの少し右だのって・・・。
その上、ギアを半分入れてガチャガチャ言うようにしたうえで、ワイヤーの微調整。。。
この時、初めて自分で色々調整したのでかなり大変だった記憶がありますね。2015年の今の自分で調整したりしていますが、やはりどこかでメンテナンスに出そうかな?って思う事がしばしば・・・。
我流で覚えて行くには何気にシビアな調整が必要な乗り物なんだな・・・って思いますね!
・・・で、結局何となくギアが変わるようになったので、R299の自転車&歩道を走る事にしました。R299って車道を走るローディーが多いように思うのですが、川越・日高方面から所沢方面に向かって行く側は、R299がずっと上りになることと、ダンプなどの大型車がビュンビュン飛ばしてくるので、バイパスを走るときはいつも自転車・歩道を通るようにしていますw
そんなこんなで、上小田谷1までやってきました。
WS000007
※Googleストリートビューより
ストリートビューだと、下り車線からの画像しかないんですけど、当時のJAONは上り側にいて、山田うどんの横までやってきました。ここで、天性の?方向音痴がさく裂します!!
このままR299を走って行くと、小手指側に行く事は分かっていました。なので、何とか少し東側に行かなくてはいけないところまでは合っていたと思います。
その為、写真の所にある交差点を右折して東側に進路を取りました。
クランクみたいになっているところを越えると、K63が出てきたので、その道をひたすら走る事にしました。
中神のあたりまで来たときに、何となく走り過ぎている感じがしました。WS000008
※Googleストリートビューより
なので、丁度セブンイレブンが出てきた事もあるので、休憩かたがた、携帯で現在地を確認!
JAONの携帯はAndroidなんですけど、当時の携帯はGPSの性能が悪く、方角もちゃんと示さないし、位置情報もめちゃくちゃ・・・。
あっ、そうか・・・Runtasticを起動しているんだから、それを見れば良いんだ!!
・・・とまぁ、今更そんな事に気づき、Runtasticさんで現在地を把握。RuntasticさんのGPSは狂ってないんですよね・・・不思議と。。。ログが勝手に停止したり二重起動するオイタは結構してくれますが・・・w
位置を確認すると、予想通り西に走り過ぎていました。
戻るのも悔しいので、すこし先を左折して南下。あとは成り行きに任せる事にしましたw
ルートラボや自転車大好きマップを見てもらうと分かりますが、この後は「あみだくじ状」に走っています。
少しずつ東側に寄って行く感じですw
R16を横断し、K179も横断して、いかにも湖がありそうな場所に到着しましたw
そうです! 匂いです!匂いだけでここまで来たんですよ!(もちろん嘘ですが・・・w)
WS000009
※Googleストリートビューより
見てください!この細い道!!
ちょっとワクワクしませんか??? おバカなJAONはちょっと冒険の雰囲気を感じて、この人気のない道を登り始めましたw
ここを15m位のぼったところですかね。。。急に砂利道に変わります。
でもですよ! 最短のショートカットかもしれない!という変な錯覚を起こしたJAONはその砂利道を更に20m位のぼっていきます(爆笑)
・・・しか~し、無理な物はムリ!!w
早々に引き返しました。。。
引き返したところから、西側に走るんですがルートラボを見てください! 南下できそうな道を片っ端からチャレンジしている様子がわかりますね??
これ、必ずどこかしら、狭山湖に登れると信じてチャレンジし続けた結果なんですよw
結局、早稲田大学の所からしか登れませんでしたけどね・・・(涙
(後で地図を見ると、「さいたま緑の森博物館」の所も登れそうでしたけど、そのあとが砂利道なので、どーでもいいですねw)
WS000010
※Googleストリートビューより
早稲田大学の所は、なかなかの斜度ですよ!この当時はまだClarisの25Tだったので、かなりしんどかったのを覚えています。今登るとどう感じるのかは不明ですが・・・w
WS000011
※Googleストリートビューより
やりました!狭山湖に到着です!!
・・・が、喜びもつかの間。見てください!この道路・・・。
砂利ですよ!砂利!!
WS000012
※Googleストリートビューより
結構登るのに苦労したので、引き返すなんて事したくありません。
でも、この砂利。。。
但し、石のつぶは小さいし、何とか走れるだろう・・・。だって、ツールドフランスだって、悪路を走ったりしてるもん!
・・・と、訳の分からない説得を自分自身に投げかけて、ここを一気に走る事にしました。
でもですよ! 走りづらい事には変わらないですね。。。結局、500m近くも砂利道を走らされることになりました。
WS000013
ざくっと描いてみましたが、結局のところ赤くなぞった部分は、砂利になっているし、自転車の為に何か準備されているわけでもないので、狭山湖自体を一周するような感じにはなっていないですね。その点、多摩湖の方は周回コースが用意されているので、これが埼玉県と東京都との財政の差?とか思ってしまいました。
埼玉県人のJAONとしては、何とか埼玉県にも頑張ってほしいものですけどね・・・。
話が少し逸れますが、埼玉県でサイクリングを楽しもうとすると、1つだけ不満があったりします。
それは、全体的に景色が見えづらいということです。
峠などでもそうなんですけど、他県の林道とかって、各所に展望台があったり、道路の途中がひらけていて、景色が良かったりします。特に山頂などはそういうのが多いですね。
でも、埼玉県は、比較的、走行中に景観が良いとされる場所が少ないように思うんですよね。定峰峠も景色の良い場所が一部ありますし、山伏峠も一部あるにはあるんですよ。
 でもね、いっつも坂道の途中に少しだけあるので、山頂で「おぉ!良い眺めた!」というような感動は得にくいんですよね。群馬・長野の渋峠みたいにどこを走っても絶景!みたいなのは例外としても、なんかこう、もう少し景色を楽しめるような道路整備はできないもんなんでしょうかね???
 個人的な見解でしかないんですが、景色が良いとわき見運転とかにつながって、交通事故になってしまったりするから、あえて見えないようにしているんですかね? それとも、手入れが大変だからそうなっちゃったのかなぁ~??
ま、ポジティブに考えると、夏の暑さを和らげる木々があるので日陰が多くある!という考え方もあるんですけどね。
 おっと、話がズレズレになってしまいました。本題に戻しますね・・・w

・・・えっと、あっ、そうそう、砂利を脱出した所からですねw
WS000014
※Googleストリートビューより
公園?の入り口部分に到着しました。写真でいう車が走っている部分を下っても、多摩湖方面に行けるのですが、狭山湖そのものを見ていない事もあり、右側の公園側に入って行く事にしました。
323057325_1411886593636
ついに、狭山湖に到着ですよ!!
ここから、遊歩道?みたいな所をそのまま対岸側に走って行きました。
そのまま南下していくと、K55にぶつかります。
少し走って行くと、そのままサイクリングロードが並列しているのが分かるので、そのままサイクリングロードに入ります。
多少のUp/Downはあるものの、サイクリングロードは車を気にしなくて良いというメリットが大きいですね。
ただですよ、このサイクリングロードは、ワンコの散歩をしている方や、純粋に散歩している方、ジョギングの方やら子どもと歩いている親子、とにかく多種多様な目的で、この道を利用している方がいます。それに、途中途中には電柱がせり出していて、タイミング悪く対向側から自転車が来たり、歩みが亀さんな方達がどちらの向きであれ、電柱に差し掛かっていたりすると、とてもじゃないですけど、自分のペースで走ることなんてできません。
かといって、我が物顔でベルを鳴らし続けるのもマナーとして・・・って思いますしね。
そんな感じの走りがずっとずっと続く感じです。
特にロードバイクの場合は、利用している方達の中では、一番速い乗りものだったりするので、むしろ歩行者からは「危ねーなー」的な目で見られます。
なので、路面状況がどーのこーのっていう前に、この場所にロードで走る事自体が、ちょっと違うかなぁ~って気がしてなりませんでした。それでも、走っているローディーは多い場所なので、皆さんがどんな気持ちで走っているかは、是非聞いてみたいですね。
コース自体は、通常のCRに比べると、Up/Downも多いですし、くねくね曲がっているため、トリッキーで面白かったりするんですけど、JAONが走った当日は、人出が多く、走りづらいという印象の方が強かったですね。
 そうは言いながらも、多摩湖の南側を半周し、西武遊園地の所までやってきました。
本当は、もう半周して多摩湖を制覇して、狭山湖側から帰るつもりでいたんですけど、当日の状態でいくと、周回道路を通るくらいなら、車通の多い県道を走った方が神経を使わずに「楽」だと思ったため、西武遊園地前のコンビニで休憩してから、そのまま帰る事にしました。
 駅で言うと「遊園地西」の所ですね(少し離れてますけど・・・)。ここにサンクスがあったので、立ち寄りました。
このサンクスにはサイクルスタンドが設置されていて、かわるがわるにローディーが立ち寄っていました。
JAONは、小腹がすいたのでジャンクフードを購入!w
323057325_1411889078238
今、販売しているかどうかは確認していませんが、写真は「MEGAコロッケ」です。100円位だったと思います。
走っている最中に油物はあまり良くない!?とか見るんですけど、体が肉と油を欲していたので、ついつい購入してしまいましたw
ちなみに、ごくごく普通のポテトコロッケ(確かひき肉が少し入っていたと思う)なんですけど、やや甘めの味付けで、疲れた体には非常に満足できるものでした。
大きいっていうのもあり、これ以外はスポーツドリンクだけ購入して飲んだくらいです。
エネルギー摂取っていう観点で言うと、即効性が著しく乏しいと思うのでどうかと思いますけど、満腹感?に近いものを100円位で味わえるのですから、CPは非常に良かったですよ。
帰りは、ちょっと神経疲れをしていたので、なるべく最短時間で帰れるコースを辿って帰りました。
バーテープは気分一新で満足。ディレイラーの調整は、初めてにしてはボチボチ、シフトチェンジの快適性はちょっと悪く、コースの善し悪しは微妙。つまり、特色に乏しい1日でありましたとさっ!w