本日紹介するルートは、まったくお勧めできません・・・。
ちなみに、今日は自虐的に紹介をして、「どれだけ運が無かったのか?」ということを軽く読んで笑ってもらえればと思っています(笑

およそ半年ほど時間をさかのぼります・・・。

そもそも、この日はトッシーと走る予定にしていました。ただし、確実な約束をしていたわけではないので、「行けたら」という程度だったんです。なんせ、前日の天気予報では「雨」だったので。。。
当時、トッシーは別の県に住んでいたのですが、JAONが朝起きた時に、埼玉県は曇り空。
部分的にはポツポツ雨が降っていたようで、ところどころ路面がぬれていました。
前日の夜が仕事で遅かったせいもあり、トッシーからの連絡は無し。
天気もよろしくないので、積極的に電話はしませんでした。
『でも、なんとか行けそう・・・』と思ったJAONは、一人走り始めます。
実際のルートは以下の通り。

Ride with GPSで閲覧する場合はこちら
自転車大好きマップで閲覧する場合はこちら

家を出た時は、曇り空でしたが雨は降っていません。
まずは高麗神社方面を目指します。走れば走るほど、路面が乾いている。
そもそも路面が濡れていないので、「なんてラッキーなんだ!」とか思いながら走っていました。
高麗神社を越え、聖天院の横を抜けた後、和田商店さんがある所を右折して山側に入り込みます。
ちょうどその時に、トッシーから連絡があり「もうスタートしちゃってますよね?」という感じでした。
空は少し薄暗い感じだったので、今から誘って雨が降ったら悲劇だと思い、今回は単独走行にしました。
288740878_1407534684228
少し、ぐずついた感じの天気ですが、気合いを入れて左前方の山を制覇する予定です。
ちょうど、北向地蔵の方面になりますね。

ここまで読むと、「むしろ運が良い」って思えるかもしれないですね。
まぁ、落ち着いてください!これからですよ(笑

まだまだヒルクライム慣れしていないJAONは、ペース配分もよく分からないままに坂道を登ります。
ふぅ~っ、きつい!!
少し登ったところで、一旦足をつきます。。。
288740878_1407535849087
路面は、あまりよろしくなく、しかも初心者には厳しい風景で、つづらが目の間に見えるんですよ!!
でも、自分でやると決めてしまったので、もう少し頑張ってみます!
WS000001
※Googleストリートビューより

途中までくると道が分岐します。ストリートビューを見ると通行止めになっているんですけど、JAONが通った時は開門していたんですよ!
左側の道は勾配がきつくなっているし、いつでも通れるルートでしょ!
でも、開門しているときに走らないと、この道はずっと通れないかもしれないのに、走っておかなくちゃ「損」じゃないですかっ!
標識も出ている+開門している=通行可能!
という安易な判断から、JAONは未開の地に突入します。これが悲劇の始まりです!!
一生懸命登るんですが、普段整備などしていないのでしょう。あちこちに枝が散乱していてとても走りづらいです。
道の両脇には去年の落ち葉でしょうか・・・。車が来ないとはいえ左右に枯葉、中央には枝葉、これは走りづらい。
でも、でも、でも、これがずっと続くわけなんか無い・・・って言い聞かせながら、ひたすら登ります。。。
WS000000
※Googleストリートビュー

登って来た向きでの写真が無いので、Googleストリートビューの写真をお借りして説明しますね。
JAONは開門していたルートを通って、写真左側から走ってきました。そしたら、やっぱり行き止まりだった。。。
ここ、自転車ですり抜けられないんですよ。またぐのも面倒だし・・・。
なので、写真中央に見える、小さな土手みたいな所をCAADを抱えて登ろうとしました。
そしたらですよ、雨が降っていて草が濡れていたのか、ズルッと滑ってコケたのです!!
立ちゴケならぬ、持ちゴケ?ですよ・・・とほほ。。。
とある本に書いてありましたけど、こういうときって、自分の体より自転車が壊れてないかが気になる(笑
幸い、CAAD君は大丈夫だったので、矢印の方向に向かって走り出します。
やっぱり、素直にきちんとした道を走るべきですね。。。
そこから今度は北向地蔵方面に向かって更に登って行きます。
288740878_1407537442694
だいぶ登ってきて、少し気分が良くなってきました。

でもですよ、、、今度はここで雨がパラついてきました。
さっきの持ちゴケでぶつけた太ももにも少し痛みを感じ始めています。更に、路面がポツポツと水玉模様を描き始めたのです。
当時、まだヒルクライムに慣れていなかったので、このままヒルクライムを続けると、大雨になり路面が悪くなると危険と判断して、途中から山を下ることにしたんです。
ここから更なる悲劇がJAONを襲います・・・(笑
WS000003
※Googleストリートビュー

北向地蔵の少し手前で分岐があります。最初は向かって右側の道を登り始めたのですが、更に雨が強くなってきました。まだ本降りではないですけど、やはり引き返した方がよさそうです。
この道、左側が下りになっているので、ここを下ればR299に行けそうです。さっきの荒れた道路に戻るのも嫌だったので、ショートカットのつもりで左側の道を下ることにしました。
このくだりは、ものすごい斜度の下りです。
50m位走ったあたりでしょうか・・・・。
上の写真では、鉄の網みたいなのがありますよね?この網がない側溝みたいなものが、道路を横断しています。
つまり、鉄網がないので、15cm~20cm位で、深さ30cm位の溝があるんですよ。
雨を逃がすためのものだと思うのですが。。。
ブレーキをギュッと握りしめながら、ゆっくりをこの溝を越えます。ふぅ~、なんとかなった。。。
でも、斜度が15%以上あるんじゃないの?というくらい急な下りなので、ブレーキ全開です!!
手が痛くなってきた。。。
そしたら、また50m位で同じような側溝みたいなのにぶち当たります。
「またかよ!!」とさまぁ~ずの三村風に心で叫び、ゆっくり乗り越えます。
今度は、滑り止めで10cm位の間隔に1回、1cmほどの溝が出てきます。もう自転車はガタガタ震えて、ブレーキを持つ手がどんどん痛くなりました。
そして、また50mほどで側溝。ガタガタ。側溝。ガタガタ。側溝・・・・。そしてずっとブレーキ全開!?
もう、何度これを繰り返したでしょうか。。。

JAONがヒルクライムを好きな理由は、下りがあるからです。
下りを楽しめないのに、登りの達成感だけじゃイヤなんです。当然、達成した!という充実感はありますが、今日は山頂まで行ってないし。。。

WS000000 (2)
ようやくガタガタが終わり、にきました。ちなみに上の写真は進行方向と逆の風景です。
何故かって??
それはですね。
この写真の先が右カーブですよね?写真では分かりづらいのですが、実は写真の上の方から撮影箇所までずっと下って来たんですよ。
でもですよ、あのカーブの先に携帯電話を落としてるんです。。。
まともな道になったことで嬉しくて、フル回転でクランクを回し、ここまでスピーディーに下って来たんですよ!
当時、Runtasticでナビとサイコンを兼務させていたので、マウントしていたんですが、ふとみたら携帯が無い!!
しかも3日前に新品にしたばかり!!
これはまずいと思って、この道を再度登って携帯探し。。。
この先のカーブの更に先、、、、
白い物体が落ちている。。。あった、あった!!!
でも、シリコンカバーが外れていて、時速30km位のスピードで放り出された携帯は、ガラス面がザラザラに、本体の角は欠けてしまい、、、もはや「5年以上使い込んでじゃないの?」と言わんばかりの姿に変貌していました。。。
1.雨が降り 2.道に封鎖され 3.持ちゴケをし 4.下りはガタガタで 5.新品の携帯を落とし 6.探し物のためにせっかく下った坂を登り 7.携帯が欠けていた。。。
もう泣きたい!!!

でも、全て自業自得なので(笑)、頑張って帰ることにしました。
R299に出て、飯能方面に帰ります。
ここで、10台連続のダンプカーに遭遇。
ビュンビュン飛ばすので、風にあおられます。
排気ガスがバンバン吹きつけます。
スピードを出すと、後ろから車にあおられるので、歩道側に退避して段差でガタガタしながら走ります。
道路に戻ると、車にクラクションを鳴らされます。
車を先に行かせ、後ろに着こうと思うと、今度はバスがきます。
おいおい、どうして今日に限って、こんなに車がいるの?しかも大型ばかり。。。
しまいにはクレーン車に追いかけられます。先に行ってもらおうと、ギリギリまで左に寄せるのですが、クレーン車は道幅いっぱいなので、追い越してもらえずこちらのペースに合わせて減速してきます。決して抜きません。
なので、こちらが少しペースを上げて逃げきろうとすると、邪魔らしくクラクションをブーブー鳴らしてきます。
なので、手で合図して先にいってくれ!とやるのですが、原則して抜いてくれません。
これって嫌がらせ???
歩道は枝が散乱しているので、走れる感じじゃありません。
これが3kmほど続きます。。。
もう、くたくた。。。

全てがだめな日もあるんですね。。。

ぐったりしながら家に帰り、シャワーを浴びました。
でも、これで1年分の不幸を全て消化した感じがしたので、明日からまた気合い入れて楽しもう!って思いました。
シャワーから出て、心地よい風を浴びながら庭で一服。。。
突風が吹いてきて、灰が足に落ちます。。。ぎゃぁぁぁぁ!!!あっちーーーーーーー!!!
急いで灰を振り払ったら、靴下に穴ぼこ・・・・。
足を冷やして、靴下を履き替えて、落ち着くべく、もう一度庭に出て一服。。。
もう今日は不貞寝してやる!!
そう思いながら空を見上げると。。。

風は止み、空は青く、さんさんと降り注ぐ夏らしい日差しがそこにありました。。。

もう、なんて日だ!!(笑

Fin